知識を詰め込みすぎるだけではない、その子の将来にも確実にいい影響を与える英才教育を大切にしています。子どもたちに求めることは、「自分で考える」こと。

考える習慣を身につければ、学校生活も、友人関係も、受験も、社会人になってからも、人生のすべての局面において役立つはずです。そのためにはまず、小さいころからの知能の教育・習慣づけが大切です。楽しみながら学習する喜びをお子様に感じていただければ幸いです。

木から、葉っぱをつけたまだ青いどんぐりが落ちてきました。
このとき、「ただの落ち葉か」で終わりにするのか、「なんで青いのに葉っぱと一緒に落ちてきたんだろう?」と考えるか……
ここが「知能」が育つかどうかの分かれ目です。

実は青いどんぐりが落ちたのは・・・

ギルフォードの授業は学校のような一方的な座学ではありません。学びに遊びと楽しさを盛り込み、考える喜びを実感できる、身につけやすいカリキュラム・課題を組んでいます。

1クラス5人までの少人数授業なので、講師が子ども1人ひとりにしっかり目を向けることができます。それぞれのペースに合わせて最適なヒントを与えてステップアップさせられるため、誰か1人が授業について行けない、ということはありません。

欠席しても無料で補講を行えるシステムを採用しています。「送り迎えができない」などご両親のご都合で欠席を余儀なくされても、費用を無駄にすることがなく安心です。